• 印刷する

ライオンエア、新型コロナの迅速検査を開始

インドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエア・グループは6月29日、傘下のライオンエア、バティックエア、ウィングスエアの3社の航空券を購入した人を対象に、新型コロナウイルス感染の迅速検査を実施するサービスを開始した。検査料は9万5,000ルピア(約715円)。有効期限が14日間の検査結果も発行する。

検査の実施場所は、中央ジャカルタのライオンエア・グループ本社ビル「ライオンエア・タワー」、東ジャカルタ・カリマラン通りのグループ事務所、西ジャカルタの宅配部門子会社ライオン・パーセルの本社事務所、バンテン州タンゲラン市のライオン・オペレーション・センターの4カ所。

乗客は、航空券を購入する際に迅速検査のバウチャーも購入できる。既に航空券を購入している場合は、コールセンターや旅行代理店などに予約番号を伝えれば迅速検査のバウチャーを購入できる。

今後は、全国のライオンエア・グループの航空券販売店や、空港でも迅速検査を実施できるようにする計画も検討している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

労組連、野党に雇用創出法の立法審査を要求(10/23)

OVO、来年は投資・保険会社との協業促進(10/23)

コロナ禍の失業1300万人も 通貨危機・リーマン後超える影響(10/23)

バンテン州全域の行動制限、1カ月延長(10/23)

観光業に240億円支援、ホテル飲食店(10/23)

ニコン、カメラ事業を代理店のみに切替(10/23)

石炭アダロ、下流事業で内外企業と合弁も(10/23)

オムニバス法、独禁法の五つの条項改正(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン