• 印刷する

テイクオフ:双連市場は台北捷運(台…

双連市場は台北捷運(台北MRT)双連駅そばにあり、MRTですぐ行ける市場として地元住民に親しまれている。近くに住んでおり毎日通りがかるが、朝市のため出勤時には既に大にぎわいで、横切るだけでも一苦労だ。新型コロナウイルスの発生前は日本人観光客もたくさんいた。

ちょっと小腹がすいた時、焼き肉まんなどの軽食を手頃な値段で買える。絞りたてのニンジンジュースは何度もリピートした。マスクが入手困難になった際、マスクカバーをいち早くそろえてくれたのには大変助かった。

そんな双連市場が現在、危機を迎えている。台北市政府は、隣接する緑地帯を大改造するとして、市場に並ぶ100以上の屋台に対し実質上の退去を要求。関係者や地元住民は大反発しているが、台北市は引かない構えだ。やりきれない思いから、ここ数日はさらに頻繁に利用している。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

キオクシア新規投資、台湾企業には逆風か(10/30)

3QのGDP成長率3.33%、2期ぶりプラス(10/30)

新型コロナ感染者、555人に(10/31)

【肖像】日本市場の開拓に自信 FunNowの創業者、張家甄氏(10/30)

デルタ、3Q純利益は過去2番目の高水準(10/30)

義隆電子、「来年上期まで受注好調へ」(10/30)

穏懋の稼働率7~8割に低下へ、生産拡大で(10/30)

宏碁がノートPCをインド生産か、政府要求(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン