労働集約型企業を重点救済 負担軽減で雇用維持、首相指示

中国政府は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で打撃を受けた貿易の立て直しに向け、労働集約型企業や中小零細企業の救済に重点を置く方針だ。雇用の大きな受け皿となっているこれら企業の経営が行き詰まれば、失業率の悪化につながりかねないという危機感が背景に…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/10)

中国―欧州の鉄道輸送、上半期は36%増加(07/10)

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

広州日本商工会がチャーター便 成田―広州、160人がきょう到着(07/10)

メーカー経営者もライブ通販、コロナ後急増(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

中国のタイヤ大手山東リンロン、生産増強(07/10)

6月CPIは2.5%上昇、食品上がる(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン