ネット賭博、徴税厳しく外資系が撤退

フィリピンの外資系オンラインカジノ事業者(POGO)が、内国歳入庁(BIR)による厳しい徴税を理由に相次いで撤退を始めている。新型コロナウイルスの感染拡大による営業停止の打撃も大きく、今後も撤退が加速する懸念がある。複数の地元紙が29日伝えた。 フィリピン娯楽賭…

関連国・地域: 中国香港マカオフィリピン
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2415人、計31万4079人(22:34)

中銀、2会合連続で政策金利据え置き(22:27)

テイクオフ:オフィス周辺の昼時はカ…(10/01)

造船業界、受注減で苦境に 世界5位も、120社生き残り競争(10/01)

通常運航の船舶6割どまり、制限措置で(10/01)

コロナ感染新たに2426人、計31万1694人(10/01)

首都圏、夜間外出の制限解除へ協議(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン