台水、予備用の配水管設置に145億元投資

公営水道事業の台湾自来水(台水)は、今年から2024年の5年間で145億台湾元(約530億円)を投じて、バックアップ用の配水管を設置する計画だ。現在推進する5分野の重要プロジェクトの一環。工商時報が伝えた。 バックアップ用配水管は、災害などによって従来の水道管が破裂して…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【肖像】日本市場の開拓に自信 FunNowの創業者、張家甄氏(10/30)

デルタ、3Q純利益は過去2番目の高水準(10/30)

義隆電子、「来年上期まで受注好調へ」(10/30)

穏懋の稼働率7~8割に低下へ、生産拡大で(10/30)

宏碁がノートPCをインド生産か、政府要求(10/30)

欣興の工場火災、CSP基板供給に影響も(10/30)

永信国際が動物用医薬品強化、売上高3倍に(10/30)

合一生技、GDR発行で1.8億米ドル調達へ(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン