• 印刷する

テイクオフ:総選挙が新型コロナウル…

総選挙が新型コロナウルスの流行下で行われる。感染拡大防止のため、選挙集会や選挙カー上での演説などが禁止される異例の選挙だ。各政党は候補者、選挙公約の発表にオンライン会議システムや、動画のライブ配信を活用している。

主要言語が英語とはいえ、国民の大半を中華系人口が占めるシンガポールでは、公の場で中国語が使われる機会も多い。そのほかの公用語であるマレー語とタミル語を耳にすることはめったにないのが現状だ。

先日参加したある政党のオンライン会見では、記者の1人がタミル語で質問。インド系の候補者が勢いのあるタミル語で応酬した。中華系の候補者や党首も、意味は分からずとも熱い気持ちが伝わる彼女のタミル語の演説に、画面越しにもかかわらず圧倒されていた。ほとんどの国民が2言語以上を操るシンガポールの奥深さを垣間見た気がした。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】日系企業も資金調達へ STO市場の幕開け(下)(13:38)

新規感染15人、計5万7715人(28日)(16:45)

上期の労災事故が減少、コロナ禍の影響で(16:29)

極狭の民間住宅、コロナ禍で需要減少(16:19)

陸上庁、カナダ社にMRT車両追加発注(16:18)

金融センター指数、シンガポールは世界6位(14:35)

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(09/28)

【識者の見方】低コストな資金調達手段 STO市場の幕開け(上)(09/28)

日本との長期滞在者往来、30日から開始(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン