• 印刷する

シンガポール企業、地場ネット事業者に投資

シンガポールの投資運用会社アセント・キャピタルは、高速ブロードバンド事業を展開するミャンマー企業のフロンティアに、2,600万米ドル(約28億円)を投資する方針だ。アセントが同国企業に投資するのは初めてとなる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が24日伝えた。

アセントからの投資を受けて、フロンティアは5年以内に国内の半分以上のエリアでインターネットサービスの提供を目指す。現在は首都ヤンゴン、北中部マンダレー管区、中部バゴー管区、東部モン州で「ミャンマー・ネット」ブランドのサービスを提供し、ユーザー数は約160万人。

アセントのリム・チョン・チョン・マネジングパートナーは、フロンティアが国内のインターネット市場をけん引してきた実績が、投資の決め手になったと説明した。同社のフロンティアへの出資比率は明らかにしていない。

フロンティアは2013年設立。19年には未公開株投資会社デルタ・キャピタル・ミャンマーや英国政府系の開発金融機関CDCグループなどもフロンティアに出資した。

アセントはミャンマー事業への投資を拡大する方針を示しており、18年にはミャンマー向け投資ファンド「アセント・ミャンマー・グロウス・ファンド(AMGF)」を設立。向こう5年でミャンマー企業10社への投資を計画している。


関連国・地域: ミャンマーシンガポール
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

雨期作への不安高まる 農業融資が停滞、肥料など高騰(06/22)

国軍トップ訪ロ、安全保障会議出席へ(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

コロナ感染407人、陽性率は11.9%に上昇(06/22)

軍政、インドのワクチン調達を一時停止(06/22)

ラカイン州、中国製ワクチンの接種開始(06/22)

コロナ低利融資利用者、返済期限延長を要請(06/22)

国内金価格、月初から2%下落(06/22)

工業相、国軍系製鉄所の早期稼働を呼び掛け(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン