中華電信が土地活性化、「社会住宅」に提供

台湾通信最大手の中華電信は、保有する土地を政府の住宅事業に活用する方針だ。郭水義総経理によると、台湾内政部(内政省)が推進する社会的弱者向けの賃貸住宅「社会住宅」の用地として、データセンターの土地を提供することなどを検討している。24日付経済日報などが伝えた。 …

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

三倍券の経済効果、試算の1千億元超えへ(12:52)

テイクオフ:バスに乗っていると、2…(10/29)

「専利」出願が3期連続減少 コロナで海外法人の低迷続く(10/29)

鴻海が中保投資と合弁、私募ファンド組成(10/29)

広達のサーバー受注、21年上期まで好調(10/29)

PCBの志聖、手元受注が5割増(10/29)

聯電、東芝の8インチウエハー工場を買収か(10/29)

電子部品の輸出額割合、過去最大の39.2%に(10/29)

20年の半導体生産額、過去最高の3兆元に(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン