自動車各社、赤字の海外事業への投資削減

マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)やタタ・モーターズといったインドの自動車各社が、赤字経営が続く海外への出資を減らしている。ライブミント(電子版)が22日に伝えた。 各社の取り組みは、手持ちの資金を温存することが目的。新型コロナウイルスの感染拡大で資金調達が難しく…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

封鎖と支援、苦渋のコロナ対策 回復には経済再開=識者に聞く(08/14)

商用車アショク、1Qは39億ルピーの赤字(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

エアインディア、欧州の就航先を半減へ(08/14)

米産業ガス大手、石炭ガス化で百億ドル投資も(08/14)

ペトロネット、一部契約に不可抗力条項発動(08/14)

鉄鋼JSW、米国工場への設備投資を縮小(08/14)

ウルトラテック、150億ルピーの投資を計画(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン