理工大など、コロナ迅速診断システム開発

香港理工大学はこのほど、マカオ科技大学および中国本土の一部研究機関と組み、新型コロナウイルスの感染を迅速に診断できる人工知能(AI)を活用したシステムを共同開発したと発表した。 新システムは、胸部コンピューター断層撮影装置(CT)の画像を通じて、新型コロナ感染…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たに8人がコロナ感染、累計5088人に(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

NSW政府、クラウンにカジノ取消で賠償約束(10/01)

テイクオフ:「キッチンの仕事を見つ…(09/30)

政府の官有地売却収入が低迷 入札不調続く、財政に影響も(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

コロナ感染対策、ほぼ現行のまま延長=政府(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン