富邦媒が東南ア強化、22年に売上1千億元へ

台湾の電子商取引(EC)大手、富邦媒体科技(momo)は、東南アジア市場での事業展開に力を入れる方針だ。進出したタイを足掛かりに、他の国を積極的に開拓する。台湾市場のより一層の深耕も図り、2022年の売上高は昨年から2倍となる1,000億台湾元(約3,620億円)を狙う。15…

関連国・地域: 台湾タイ
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まさに大盛況。先日仕事…(08/05)

新車販売の4万台超え続く 7月実績、前月比6%増(08/05)

亜洲光学、特許侵害で日本サムスンを提訴(08/05)

佳世達、飲食店の運営可視化サービス提供(08/05)

納智捷が99.5%減資、財務立て直しへ(08/05)

健喬の医薬品、中国でコロナ用に販売申請(08/05)

日本のデジタル印刷板にダンピング課税へ(08/05)

長興、コロナ抗体検査の技術ライセンス取得(08/05)

亜洲水泥が下期楽観、中国の洪水復興需要で(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン