• 印刷する

豪で新規事業設立が増加、経済回復に貢献か

オーストラリアでは今年に入って以降、新規の事業設立が記録的な水準で伸びていることが、事業保険の販売と比較サイトを手掛けるBizCover(ビズカバー)の調べで明らかになった。同社のシュワルツ最高財務責任者(CFO)は、新型コロナウイルスによる影響から経済が回復傾向にある中、新規事業の立ち上げが増えていることは好ましい兆候だとしている。15日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

ビズカバーでは6月初めに、新規の事業保険の販売数が2月に比べて20%増加した。これらの事業保険は、個人事業主や零細企業向けが大半を占めている。

また、同期間中に事業保険の解約数も20%減少したという。同CFOは、「新規の事業の立ち上げは5月以降に毎週のように増えており、これは経済全体にとって朗報だ」と話した。

ただ、新型コロナを背景とする封鎖措置が取られる前の2月を基準として新規の保険契約と解約の動きを指数化して見た場合、封鎖措置の最中には解約レベルは非常に高く、新規契約も少ない状況だったという。

豪政府統計局(ABS)によれば、オーストラリアでは220万社ある企業のうち、60%以上を個人事業主が占めている。

シュワルツCFOは、個人事業主や零細企業の活動は経済回復の上で重要となるが、業界によって回復の速度に差が見られているとし、「美容師などのパーソナルケア関連で事業保険の新規契約が増えている一方で、理学療法士やライフコーチといったヘルスサービス分野が伸び悩んでいる」と述べた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤途中に白を基調とし…(05/14)

豪州、ワクチン接種に約13億円の資金支援(05/14)

豪与野党、予算案にらみ攻防 労働党は起業支援の対案発表(05/14)

<予算案>法人税の軽減、税収負担は労働者に(05/14)

<予算案>小売業界は歓迎も巨額負債に警戒(05/14)

<予算案>時代遅れの生命保険を一掃へ(05/14)

<予算案>退職年金の規制緩和、業界歓迎(05/14)

<予算案>医療保険料の抑制と精神病支援拡大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン