• 印刷する

カカオ、室内ゴルフブランドを統合

韓国・カカオグループでシミュレーションゴルフ場を手掛けるカカオVXは11日、シミュレーションゴルフブランドを「フレンズ・スクリーン」に統一すると発表した。グループのキャラクター「カカオフレンズ」などカカオブランドを積極的に活用してシェア拡大を目指す。

カカオVXは2017年にシェア2位だったマウムゴルフ(ティーアップビジョン)を買収。これまで「ティーアップビジョン2」と「ジースイング」の2つのブランドを運営していた。ブランド統合とともに、シミュレーションゴルフのユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)デザインも大幅にリニューアルした。従来のゴルファーのほか20~30代の若者客もターゲットに、臨場感ある映像や音声案内などを提供する。

韓国経済新聞によると、国内のシミュレーションゴルフ市場のシェア(2018年基準)はゴルフゾンが63%で独走。カカオVXは20%で2位に付ける。カカオVXはシェア拡大に向け、昨年には業界で初めてマッチプレー方式を導入するなどコンテンツも強化している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国が部品素材の国産化加速 供給網再編、388品目の育成支援(07/10)

新型コロナ感染者、50人増の1万3293人(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

セルトリオンの治療薬、変種コロナにも有効(07/10)

韓国の輸出管理体制に懸念、日本が反論(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

宅配員にも雇用保険、政府が加入義務化へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン