• 印刷する

エアテル、バングラ同業株をドコモから取得

インドの通信大手バルティ・エアテルは9日、25%出資するバングラデシュの同業ロビ・アクシアタに6.3%の追加出資を行ったと発表した。NTTドコモの全持ち分を買い取った。

ロビはマレーシアの通信大手アクシアタ・グループの子会社で、バングラデシュで2番目に大きい携帯電話会社という。取引後、エアテルの持ち分は31.3%に拡大。NTTドコモは出資を完全に引き揚げた。

NTTドコモの広報担当者は「譲渡は事実」と認めたが、理由や詳細は非開示とした。取引額も非開示で、エアテルは「互いに合意した評価額で取引した」とだけコメントしている。


関連国・地域: マレーシアインド日本バングラデシュ
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

新興投資、上期は2桁減 景気低迷とコロナの二重苦で減少(07/10)

新型コロナ、新興の7割に打撃=FICCI(07/10)

横河電機、日印ファンドへの出資で合意(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

農業インフラ投資への支援策、内閣が承認(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン