• 印刷する

スー・チー氏と大統領の出馬発表、与党

ミャンマーの与党、国民民主連盟(NLD)は9日、党首のアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と、ウィン・ミン大統領が11月に予定される総選挙に出馬すると発表した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。

情報委員会のモニャ・アウン・シン氏が述べた。両氏の選挙区はまだ決まっていないという。NLDが大勝し、軍政からの政権交代を果たした2015年の前回総選挙では、スー・チー氏は最大都市ヤンゴンのコームー郡区、ウィン・ミン氏は同じくヤンゴンのタムウェ郡区から出馬した。

次期総選挙では、16年3月のNLD政権発足以降の実績が問われる。スー・チー氏はこの間、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で国際的な批判を浴びた。また、国内外に経済政策の舵取りに課題があると指摘する声もあがっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

5月インフレが4%台に低下 食品価格が前月割れ(07/10)

19年インフレ率、企業4割の昇給率上回る(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

スー・チー氏、ILOバーチャル会議で講演(07/10)

新たな感染者2人確認、累計318人=9日朝(07/10)

マンダレーのマハムニパゴダ、再開準備整う(07/10)

農産品輸出は30億ドル超、6月までに2割増(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン