• 印刷する

苦境のLCC、添乗員が製造大手で短期就業

シンガポールのLCCスクートの添乗員100人余りは5月から、センサー大手amsで短期的に就業している(スクート公式フェイスブックより)

シンガポールのLCCスクートの添乗員100人余りは5月から、センサー大手amsで短期的に就業している(スクート公式フェイスブックより)

新型コロナウイルスの影響で苦境に陥るシンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクートは、添乗員100人余りが、欧州のセンサー大手amsの現地法人で短期的に就業している。従業員の収入維持と技能向上が目的だ。

スクートとamsセンサーズ・シンガポールが共同で4日に発表した声明によると、amsでの雇用期間は5月から少なくとも3カ月間。スクートが民間企業に人員を派遣するのは初めてという。

航空会社の添乗員は、搭乗した便の飛行時間に応じて所得を得ている。航空便が激減する中、スクートは従業員を政府機関や病院に派遣し、短期的な就業機会を確保。PCR検査の検査員を務める人やamsで就業する人員を合わせると、400人近くになるという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:5年ぶりとなるシンガポ…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

企業の期日内支払い、約5年ぶり低水準(07/02)

民間住宅価格、4~6月期は1.1%低下(07/02)

参天製薬、地場新興企業プラノに出資(07/02)

飲食大手コウフ、4社を17億円で買収(07/02)

チャンギ空港、非接触チェックイン機を導入(07/02)

コンテナ貨物市場、回復は緩やか=調査会社(07/02)

MRTヒューム駅、10~12月から本格工事(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン