SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減

シンガポール取引所(SGX)に上場する企業のうち、5月29日までに2020年1~3月期決算を公表した155社の純利益は総額48億9,620万Sドル(約3,810億円)となり、前年同期から39%減少した。新型コロナウイルス感染症による事業活動の停滞が響いた。 20年1~3月期決算は、黒字…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不動産業界、コロナ禍で上半期の業績悪化(15:34)

経済成長率、初の2桁マイナス コロナ禍で約11年ぶり景気後退(14:26)

テイクオフ:来月9日は、シンガポー…(07/14)

【ASEAN戦略】ニューノーマルの需要に焦点 オカムラ、在宅勤務や職場設備で(07/14)

躍進の労働者党、他野党と共闘へ(07/14)

外国人12人を強制退去、感染対策違反で(07/14)

分散型台帳の新決済技術、商業化にめど(07/14)

シンガポール航空、定期便の運航本数拡大(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン