豪GDP、前期比0.3%縮小 「29年ぶりリセッションに突入」

豪政府統計局(ABS)が3日に発表した2020年第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP)は、前期比で0.3%縮小し、9年ぶりのマイナス成長となった。深刻な山火事や新型コロナウイルス感染症の流行が影響した。連邦政府のフライデンバーグ財務相は同日、「(29年ぶりの)リセ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:学生時代に友人らと、大…(07/16)

豪7月消費者マインド、再下落 メルボルン封鎖が重しに(07/16)

雇用消失の35%が回復、失業第2波の恐れも(07/16)

カード支出7%超増、豪経済楽観は禁物(07/16)

給与補助が延長?小企業は継続するか熟考を(07/16)

決算で支援策の依存度明示を、当局が指導(07/16)

豪の国際旅客、カタール航空が最多(07/16)

VIC州死者1人増、NSW州は市中感染特定(07/16)

コロナ対応、全国統一の基準設定を=財界(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン