• 印刷する

HCM市、外国人専門家の入国手順を発表

ベトナム・ホーチミン市保健局はこのほど、外国人専門家などがベトナムに入国する際の手続きや手順の概要を明らかにした。市内の企業多数から、ビジネス目的で入国する外国人の専門家(投資家や企業管理者、エンジニア、高技能労働者など)の入国への支援を求める声が上がっていた。1日付ダウトゥ電子版が報じた。

保健局は労働・傷病軍人・社会事業局や内務局、関連部局に対し、提出された入国希望の外国人専門家リストを審査し、市人民委員会の決定を助言してから公安省出入国管理局に連絡するよう要請した。

入国を許可された外国人専門家の医療隔離措置については、市の集中隔離地区内のホテルやリゾート施設に宿泊する場合に料金を徴収。同地区内の別の宿泊施設は料金を徴収しない。

ホーチミン市国際医療検疫センターと同市疾病管理センターが、専門家を空港から隔離施設に搬送し、疾病管理センターがPCR検査を受け持つ。隔離施設に14日間滞在後は自分の居住地に戻れるが、さらに14日間地元保健当局による経過観察を受けることになる。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

富裕層の増加率、世界2位に シンプルなミニマリストが理想に(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

航空燃油の環境税、年末まで30%減額(07/16)

承認前の運航計画、航空券の販売を禁止(07/16)

FLC、タンホアンミンと戦略提携(07/16)

ハノイの新オフィスビル、第3四半期に開業(07/16)

アンザン省で1.2兆ドンの新都市開発が着工(07/16)

鉄鋼にセーフガード、フィリピンに除外要請(07/16)

電力料金の減額2.9億ドルに、救済措置で(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン