7月15日から消費振興券、1千億元効果

台湾行政院(内閣)は2日、新型コロナウイルス感染症の経済対策の一環として、消費振興券(クーポン券)を7月15日に発行すると発表した。使用期限は年末まで。行政院は振興券に絡む経済効果を1,000億台湾元(約3,600億円)と試算した。 蘇貞昌・行政院長(首相)や各閣僚が記…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「アミ族は運動神経も良…(07/14)

航空貨物運賃、高値維持へ 旅客輸送の再開本格化が鍵に(07/14)

長栄航空の旅客数、3カ月連続で9割超減(07/14)

台カ、海運貨物市場が3Qに反転上昇へ(07/14)

長栄海運、無担保転換社債を海外初発行(07/14)

TSMC、華為への供給再開を米に要望か(07/14)

今年の新車販売、優遇策延長で前年並みか(07/14)

国研院、ドイツ企業と自動運転分野で提携(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン