• 印刷する

NZ政府、レベル1検討で10日にも実施か

ニュージーランド(NZ)政府が、レベル4を最悪とする新型コロナウイルスに対する4段階の警告システムについて、予定を前倒しし、8日にレベル1への移行の是非を決め、早ければ10日にもレベル1への移行は可能とした。過去11日間の新規感染者はゼロとなっている。

アーダン首相は、「社会制限が解除されてから感染者が増えた国も多いが、NZでは抑えられている。我々の予想よりロックダウン(都市封鎖)による感染の抑制効果は高かったようだ」と述べた。

レベル1下での条件は今週追って発表する。「集会での人数制限が解除となるが、外国人の入国については厳格な制限を維持する」とした。同首相は「レベル1に移行後は、世界的にも最も社会制限の少ない国になる」としている。

一方、雇用者・製造業者協会(EMA)のマクドナルド氏は、「社会的には通常の生活に戻ってきたとみられているが、我々の加盟企業の生産性は50%程度だ。営業できていても利益にはつながっていない」と苦言を呈している。業界団体ホスピタリティーNZは、同業界は安全に営業できることを示せているとし、すぐにもレベル1に移行するよう訴えている。

■抗議デモを非難

米国で黒人男性が白人警察官に暴行されて死亡した事件を受け、NZ各地でも行われた抗議デモについて、同首相は「人種差別に対する正義心は理解するが、今は社会的距離の維持を破る時ではない」と非難した。

■職業訓練を2年半支援

NZ政府は2日、今後2年半の建設、農業、社会サービス関連などの職業訓練やコースを支援すると発表した。

ヒプキンス教育相は、雇用につながる職業訓練を支援し、需要増が見込まれる地方などで雇用拡大を目指すと述べた。農水産、建設、社会サービス、製造、電気工学、道路交通関連の見習いコストは7月1日から無料とし、職業訓練コースも支援する。


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージー英語といえば、…(07/13)

豪の入国者、きょうから大幅減 NSWなどで隔離が自己負担に(07/13)

VIC州のコロナ患者、7日連続で3桁増加(07/13)

メルボ封鎖、中小企の返済猶予申請も急増か(07/13)

〔政治スポットライト〕日豪、宇宙利用促進で協力覚書に署名(07/13)

三菱UFJ、豪NZで経済・為替展望セミナー(07/13)

ラカイン州のガス田開発、NGOが中止要求(07/13)

豪日通がメルボの倉庫拡充、物流機能を強化(07/13)

家具ニックスカリー、自社株高で同業買収も(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン