• 印刷する

テイクオフ:先日、新北市のモーテル…

先日、新北市のモーテルで開かれた知人の誕生日パーティーに参加した。屋外プールやジェットバス付きの大きな部屋で、別途用意した大量の食べ物と飲み物を入れても1人1,000台湾元(約3,580円)内に収まった。新型コロナウイルスが収束傾向にある今の台湾では、こんな遊び方もありと感じる。

「モーテルでパーティー」というと、「乱交パーティー」や薬物を乱用する集まりのような印象を受けてしまう。台湾メディアでは、そのようないかがわしい集いに関する摘発や裁判の情報を連日伝えているためだ。つい先ごろも、台中で2018年に「焼き肉パーティー」と称した乱交パーティーを開いたとして主催者の男女が有罪判決を受けたばかり。

一方、今回参加した会では皆、出前の食べ物とカラオケや家庭用某フィットネスゲームに終始夢中。いかがわしくないどころかずいぶん健康的な会となった。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「アミ族は運動神経も良…(07/14)

航空貨物運賃、高値維持へ 旅客輸送の再開本格化が鍵に(07/14)

長栄航空の旅客数、3カ月連続で9割超減(07/14)

台カ、海運貨物市場が3Qに反転上昇へ(07/14)

長栄海運、無担保転換社債を海外初発行(07/14)

TSMC、華為への供給再開を米に要望か(07/14)

今年の新車販売、優遇策延長で前年並みか(07/14)

国研院、ドイツ企業と自動運転分野で提携(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン