• 印刷する

コロナ逆風も6社目が上場、ヤンゴン証取

ミャンマーの地場物流最大手、エバー・フロー・リバー(EFR)グループが28日、ヤンゴン証券取引所(YSX)に上場を果たした。3月の上場を計画していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた。YSXへの新規上場は2年4カ月ぶりで、取り扱い銘柄は6銘柄に増えた。

上場式典で鐘を鳴らすEFRのチョー・ルウィン・ウー会長(中央)=28日、ヤンゴン(NNA)

上場式典で鐘を鳴らすEFRのチョー・ルウィン・ウー会長(中央)=28日、ヤンゴン(NNA)

ミャンマー証券取引委員会(SECM)は3月に、YSXでの外国人投資家の取引を解禁。EFRグループはそれ以後、初めて上場した企業にもなった。

公開価格2,300チャット(約176円)に対し、28日初値は2,700チャットと順調に滑り出し、一時は2,750チャットまで値を上げたが、再び2,700チャットに戻して初日の取引を終えた。同社は、最大都市ヤンゴンなど2カ所で進める新たな拠点整備に、調達した資金を充当する計画を明らかにしている。

式典は政府が示す感染防止ガイドラインに沿い、金融当局とEFRの幹部ら参加者全員がマスクを着用。ソーシャルディスタンス(人と人との距離)を保ってイスを配置するなど細心の注意が払われた。

アウン・ミン・ハン最高経営責任者(CEO)は「ようやくこの日を迎えられた。豪華な食事を出す祝いの席は設けられなかったが、会社発展の新たな節目だ」と喜びを語った。国内で新型コロナウイルスの感染者が見つかった3月以降、社員は医薬品などを含む物資の輸送に駆け回っているといい、逆境下で国内経済を支えるための事業拡大に意欲を見せた。

2015年12月に開設されたYSXは、大和総研と日本取引所グループ(JPX)などの合弁会社が運営。日本政府も法整備などを支援している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外出の動き、平常時の9割に 規制緩和で活動が回復=グーグル(07/16)

新型コロナで中止のODA事業、再開(07/16)

ヤンゴン高架高速道、入札期限は9月1日(07/16)

世銀が345万ドル支援、太陽光発電整備で(07/16)

京セラ系、エヤワディでも太陽光グリッド(07/16)

帰国者1人の感染確認、累計337人=15日朝(07/16)

全日空のヤンゴン―成田便、8月も運休(07/16)

コロナファンド、追加資金の対象は農業など(07/16)

三輪タクシーが苦境、バガン旅行者少なく(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン