• 印刷する

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル

シンガポールの大学生に最も人気のある就職先に、米グーグルが4年連続で輝いた。企業ブランディング調査を手掛けるスウェーデンのコンサルティング会社ユニバーサムの調査で明らかになった。全般的に米国企業の人気が高かった。

ユニバーサムは、シンガポール国立大学(NUS)、南洋理工大学(NTU)、シンガポール社会科学大学(SUSS)など国内6校で調査を実施。学生にとって魅力的な企業100社を専攻系統ごとに3つのランキングにまとめている。今回は学生1万27人から回答を得た。

グーグルは2017年から毎年、ビジネス系、工学・自然科学系、IT系の全専攻の学生の間で首位を維持。このほかの上位の大半も米国企業が占める傾向にある。

今年のランキングでは、ビジネス系の学生の間で、ウォルト・ディズニー、ゴールドマン・サックスなど米国の計7社がトップ10入り。IT系も5位までを米国勢が独占した。

日本企業で100位以内に入ったのは、ビジネス系ではファーストリテイリングが展開する「ユニクロ」が62位、ソニーが96位だった。工学・自然科学系では武田薬品工業が31位、ソニーが58位、ユニクロが96位。IT系ではソニーが40位、ユニクロが74位だった。

調査ではこのほか、専攻別の期待する給与水準についても明らかにした。最も高水準だったのはIT系で、年収5万2,467Sドル(約398万円)。工学・自然科学系は4万7,085Sドル、ビジネス系は4万5,777Sドルだった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

不動産業界、コロナ禍で上半期の業績悪化(15:34)

経済成長率、初の2桁マイナス コロナ禍で約11年ぶり景気後退(14:26)

テイクオフ:来月9日は、シンガポー…(07/14)

【ASEAN戦略】ニューノーマルの需要に焦点 オカムラ、在宅勤務や職場設備で(07/14)

躍進の労働者党、他野党と共闘へ(07/14)

外国人12人を強制退去、感染対策違反で(07/14)

分散型台帳の新決済技術、商業化にめど(07/14)

シンガポール航空、定期便の運航本数拡大(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン