• 印刷する

メラルコの4.1億ペソ設備投資、当局が承認

フィリピンのエネルギー統制委員会(ERC)は、配電最大手マニラ電力(メラルコ)が計画している配電インフラ拡充に向けた6件の設備投資事業を承認した。事業費は総額4億1,045万ペソ(約8億7,000万円)に上る。28日付スターなどが伝えた。

マニラ首都圏では、バレンズエラ市バグバグインの変電所拡張(1億6,258万ペソ)、パシッグ市ピナグブハタンの切り替え設備の補修(5,522万ペソ)、マンダルヨン市の変電所の変圧器交換(5,291万ペソ)が対象となる。

このほか、カビテ州ダスマリニャスにある変圧器へのメタルクラッド開閉装置設置(6,816万ペソ)、ダスマリニャスのファースト・カビテ工業団地(FCIE)にある送電線の一部区間の修理(2,514万ペソ)、交換用変圧器の調達(4,644万ペソ)も実施する。

メラルコは2015年に6事業の実施を申請したが、妥当性がないとして承認されなかった。電力需要が成長を続ける中、安定的に配電ネットワークを運営していくために必要な事業として再申請した結果、今月12日に承認を取り付けた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夜間外出禁止が解ける午…(04/20)

設備投資、積極姿勢に転換へ 大手財閥、変異ウイルスで懸念も(04/20)

新型コロナ、新たに9628人感染(04/20)

比など3カ国からの旅客便、着陸を拒否(04/20)

鉱山36カ所が事業開始へ、凍結解除受け(04/20)

アストラ製ワクチン、60歳未満の接種再開(04/20)

ケソン市、無料PCR検査を実施へ(04/20)

財閥SM、ワクチン会場に映画館転用(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン