外国人労働者住宅に基準、順守に3カ月猶予

マレーシア人的資源省は、外国人労働者を雇用する企業に対し、8月末までに政府基準に準拠した住宅を提供するよう呼び掛けている。1990年労働者住宅最低基準法はこれまで一部産業のみを規定していたが、マレー半島と連邦直轄区ラブアンの全産業を対象とする改正法が9月1日に施行…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフターコロナの「新常…(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

隣国往来再開に日系は関心薄 現時点では利点見えず(07/16)

給与補助金の受給企業公表へ、不正防止策で(07/16)

RM1=25.1円、$1=4.26RM(15日)(07/16)

ス州イオンビッグを一時差し押さえ、係争で(07/16)

MRT1号線の脆弱性指摘、日系も納入(07/16)

空港利用者、7月1~9日は6月末比2倍(07/16)

ホンダ四輪、シャアラムに新3Sセンター(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン