• 印刷する

テイクオフ:妻の母が他界した。イン…

妻の母が他界した。インドネシア・バリ島に住む義母は3月に体調不良を訴え、近くの病院で最初は糖尿病と診断された。血糖値を下げる薬を使っていたが体調は回復せず、別の病院で末期がんと診断され、5月半ばに州都デンパサールの病院に入院したが、手遅れだった。

妻から最初に、義母の食欲がなく体重が落ちたと聞いた時、実は「がんでは」と疑った。がんで他界した父は、亡くなる前は何も口にできなかったからだ。最初からデンパサールの病院へ連れて行くよう言っていたが、医師から新型コロナ感染を避けるため自宅療養を勧められ、入院したころには体力が落ち、放射線治療を受けられなかった。

「母はこんなに早く死ななければならなかったのかな」という妻の言葉が胸に突き刺さる。新型コロナがなければ、治らないまでも、もう少し生きられたのではと心残りだ。(谷)


関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ペナン空港の貨物輸出量、1~5月は10%減(11:53)

テイクオフ:総合病院で2科続けて受…(07/14)

景気低迷で低価格小型車人気 国民車プロトンがシェア拡大か(07/14)

プロドゥア車、3~5月のネット検索で首位(07/14)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(13日)(07/14)

PCR検査未受検で搭乗拒否も、入国に混乱(07/14)

新規感染7人、1人は日本から入国(07/14)

小売業売上高、コロナ禍で1Qは11.4%減(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン