豪M&A取引額が29%減、来年に活発化か

オーストラリアのM&A(合併・買収)の取引額が、今年に入ってから現在までの期間で126億米ドル(約1兆3,548億円)と、前年同期比29%減となったことが分かった。取引数は432件だった。新型コロナウイルス感染症が取引市場に打撃を与えたとみられる。一方投資銀行家は、取引は来…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの学校は…(07/02)

富士通、豪国防IT事業を受注 2年で総額2100万$(07/02)

日立、豪データ企キューブドと戦略的提携(07/02)

〔政治スポットライト〕豪州政府、2700億$拠出で軍事力を拡張(07/02)

NSW州がVICからの入境禁止、罰金も(07/02)

豪NZのウエストフィールド、来場者数が回復(07/02)

豪消費者、食品ブランドへの忠誠心が低下?(07/02)

豪準備銀のインフレ目標、賛否両論=調査(07/02)

豪銀行の財務の悪化、個人より中小企業が鍵(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン