• 印刷する

シドニー―メルボ航空運賃、7月大幅値引き

オーストラリアで7月のスクールホリデーにシドニー―メルボルン航路の運賃が、4~5月の往復1,000豪ドル(約7万1,470円)以上から、最低で79豪ドルへと大幅に値引きされている。連邦政府が早期の国内移動自由化の実現を掲げる中、航空大手カンタスなどが、大幅値下げで利用者の呼び戻しに注力するとみられる。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

シドニー―メルボルン路線の高値は6月も継続する見込み。同路線は、新型コロナウイルスの感染が流行する前と比べて大きく便数が減り、運賃が高いだけでなく予約も難しくなっている。

26日時点で同路線を利用したい場合、直近で予約可能なのは破綻したヴァージン・オーストラリアが運航する29日の便で、シドニー発メルボルン着便が片道だけで799豪ドル。同日のカンタス便は、すべて売り切れだ。

一方、7月からはヴァージンが片道を149豪ドル以上で、カンタスと傘下の格安航空会社(LCC)ジェットスターが169豪ドル以上と79豪ドル以上でそれぞれ販売している。

新型コロナウイルスの感染が流行する前、シドニー―メルボルン路線は世界でも2番目に便数が多く、カンタスは1日当たり最大で46往復便を運航していた。

冬季スクールホリデーの期間は、ニューサウスウェールズ州が7月6~17日、ビクトリア州は6月27日~7月12日となっている。

■地方航空企が主要航路進出か

地方航空リージョナル・エクスプレス(REX)は今月に入り、ヴァージンの破綻を好機として、これまでヴァージンとカンタスが独占してきた主要都市間路線に2億豪ドルを投資して参入する計画を明らかにした。

ただ、同社の計画は株価に影響を及ぼすにもかかわらず、オーストラリア証券取引所(ASX)へ報告する前にメディアに発表した疑いがあり、同社が会社法の義務に違反した恐れがある。違反なら、最大で1,050万豪ドルの罰金が科される。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

オーストラリアと労働者交換プログラム実施(13:24)

テイクオフ:オーストラリア製食品な…(07/14)

コロナ打撃大きい業界を支援 給与支援策を変更、詳細は23日か(07/14)

規制緩和で雇用市場回復も、業界や地域で差(07/14)

政府、低所得者向けに2回目の一時給付金(07/14)

VIC首相「感染増も州内全域封鎖しない」(07/14)

SA首相、NSWとACTの入境禁止継続検討(07/14)

豪航空3社の空港手数料、滞納額1700万$に(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン