• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの感染を防ご…

新型コロナの感染を防ごうと、外出自粛などで日光を浴びる機会が減ることについて、日本の専門家が懸念を示している。日光には骨を丈夫にするビタミンDの生成に欠かせない紫外線が含まれているからだ。日本では、男女ともに全世代でビタミンDが不足していると言われており、適度に日光を浴びるよう勧めている。

日光に当たらず、ビタミンDが欠乏状態になると、骨の病気が増える危険性があるようだ。室内で物を持ち上げた際、背骨を疲労骨折した若い女性の症例もある。

進んで外出を自粛し、日中ほとんど家で過ごしている筆者にとっては耳が痛い。ただビタミンDは、サケなどの魚に含有量が多いらしいので、まずはこれらを積極的に食べたい。しかし魚市場に行くために外出するのは面倒くさい。よって、これからは重い物は持ち上げないことで解決としたい。(瀬戸内)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:学生時代に友人らと、大…(07/16)

豪7月消費者マインド、再下落 メルボルン封鎖が重しに(07/16)

雇用消失の35%が回復、失業第2波の恐れも(07/16)

カード支出7%超増、豪経済楽観は禁物(07/16)

給与補助が延長?小企業は継続するか熟考を(07/16)

決算で支援策の依存度明示を、当局が指導(07/16)

豪の国際旅客、カタール航空が最多(07/16)

VIC州死者1人増、NSW州は市中感染特定(07/16)

コロナ対応、全国統一の基準設定を=財界(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン