中国系の太陽光発電事業を認可、出力60MW

投資認可当局のカンボジア開発評議会(CDC)はこのほど、中国系ライセンエネルギー(カンボジア)が北西部バッタンバン州で太陽光発電所を建設する計画を承認した。発電所の出力は60メガワット(MW)。クメール・タイムズ(電子版)が23日伝えた。 ライセンエネルギーは、中…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(07/14)

中国開発銀、アクレダ銀に1.3億ドル融資(07/14)

正月の振り替え時期、来月17~21日に(07/14)

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

上期インフレ率2.5%、原油下落などが影響(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン