香港安全法は「脅威」、台湾総統が懸念表明

【台北共同】台湾の蔡英文総統は24日、中国の全国人民代表大会(全人代)で審議されている香港への国家安全法制導入についてフェイスブックで「香港の前途を重大な脅威にさらすものだ」と懸念を表明し、中国政府と香港政府に対して香港社会に自由と平静を取り戻させるよう要求した…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ペガトロン、iPhoneミニの受注3割減か(01/22)

コロナ対策の内容・基準を明確化、4段階(01/22)

新型コロナ、2人の域内感染を確認(01/22)

高雄に半導体材料園区設置へ TSMCなどの増産で需要拡大(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

鴻海と華邦電子、AIの米Kneronに出資(01/22)

仁宝が初の育児製品発表、IoT活用(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン