香港安全法は「脅威」、台湾総統が懸念表明

【台北共同】台湾の蔡英文総統は24日、中国の全国人民代表大会(全人代)で審議されている香港への国家安全法制導入についてフェイスブックで「香港の前途を重大な脅威にさらすものだ」と懸念を表明し、中国政府と香港政府に対して香港社会に自由と平静を取り戻させるよう要求した…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

仁宝とシスコ、法人向け5G分野で提携(13:39)

バンブー航空、台北路線を再開(17:23)

新型コロナ感染者、548人に(15:19)

テイクオフ:ポップコーンにコーラ、…(10/22)

4Qの人材採用意欲が向上 建設・飲食の引き合い高く(10/22)

TSMC、上限120億元のグリーン債発行へ(10/22)

聯電が再度値上げか、8インチ需要旺盛で(10/22)

神基科技、受注見通し良好で4Q業績楽観(10/22)

9月のスマホ販売40万台、前月比13%減(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン