• 印刷する

倉庫などの需要が増加、ECの利用拡大で

米不動産仲介大手CBREによれば、工場や倉庫の需要がベトナムで高まっている。新型コロナウイルスの影響で、輸出入が遅滞しているほか電子商取引(EC)の利用が拡大したためだ。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が23日に伝えた。

ベトナムでは、ECの利用が新型コロナの流行とともに拡大し、多くの投資家や開発業者が物流拠点の開発を計画している。CBREの調査担当者は、新型コロナが収束した後、倉庫への需要は前年と比べ4~11%増加すると予測する

過去2年にわたり、同国の工場・倉庫市場の供給量は拡大し、2020年末までには北部での総供給量は前年比25.3%増の200万平方メートル、南部では28.2%増の270万平方メートルになるとみられる。生鮮食品のオンライン販売も増えていることから冷蔵倉庫も注目されている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

長谷工、地場同業を持ち分化 「品質に焦点」ベトナム事業加速(07/13)

1~6月の自動車販売、30.6%減の10.7万台(07/13)

2Qの二輪車販売、31%減の52万台(07/13)

ディエンビエン空港拡張再考を=スーパー委(07/13)

ニッコンHD、北部ハナム省の新倉庫完成(07/13)

不動産分野の法律手続きに矛盾=VCCI(07/13)

屋根置き太陽光発電、上期に8割増(07/13)

リコジ16の太陽光発電、ニントゥアンで稼働(07/13)

サムスン、金型専門家200人育成で協力(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン