• 印刷する

チャンギ空港、6月2日に乗り継ぎ規制解除

シンガポール民間航空庁(CAAS)は、新型コロナウイルス対策として実施しているチャンギ空港でのトランジット(乗り継ぎ)規制を6月2日に解除する。航空輸送の再開に向けて一歩前進した形となる。

現在は、各国が手配するチャーター便で外国人が帰国する際に限り、同空港での乗り継ぎを認めている。6月2日からは、全ての旅行者が乗り継ぎできるようにする。

規制解除に当たっては、各航空会社にチャンギ空港での乗り継ぎレーンの利用を申請することを求める。新型コロナ感染防止のため、乗り継ぎ客には指定のエリアで待機し、他の旅客と接触しないよう要求する。

空港スタッフには、乗り継ぎ客と接する際にマスクなど個人防護具(PPE)の装着を義務付ける。チャンギ空港で導入している安全な距離を保つ措置「セーフディスタンシング」、旅客とスタッフの体温検査など既存の措置も適用する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(16:08)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(16:51)

在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割(17:19)

1~4月の投資表明額、数年ぶり高水準に(17:22)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(16:56)

渡航制限緩和へ、中国複数都市から(17:37)

キャピタランド、モールの感染防止対策強化(15:27)

4月個人融資3%減、過去最大の下げ幅(16:55)

金融機関のAI活用、公正性保つ基準策定へ(15:27)

デジタル変革の組織設立、コロナ後見据え(17:54)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン