• 印刷する

飲食店の62%、4月は5割以上減収

シンガポールの飲食店では売り上げが激減している=4月上旬、シンガポール中央部(NNA撮影)

シンガポールの飲食店では売り上げが激減している=4月上旬、シンガポール中央部(NNA撮影)

シンガポールの飲食店のうち62%が、4月は前年同月比で5割以上の減収となったことが、飲食業界の市場調査などを手掛けるチョップ・グループ(The Chope Group)の調査で明らかになった。職場の大半を閉鎖する措置「サーキットブレーカー」の導入が響いた。

調査は、サーキットブレーカーが導入された4月7日以降に実施。シンガポールで事業を展開する飲食業者150社超から回答を得た。

飲食店は同措置の期間中に、配達か持ち帰りのみ営業を許可されているが、損失を補いきれていない現状が浮き彫りとなった。飲食店の11%が従業員の整理解雇を実施したことも分かった。

チョップは、人同士の距離を確保するソーシャルディスタンシング規制が既に緩和されつつある香港のように、今後はシンガポールでも需要が大きく回復すると予想している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では約2カ月に及ぶ…(05/28)

「コリビング」住宅の需要堅調 コロナ後も在宅勤務で市場拡大へ(05/28)

サービス業売上高1%下落、コロナで娯楽悪化(05/28)

通年の輸出額、最大4%減少=企業庁予測(05/28)

積立基金の負担率引き上げ、1年延期へ(05/28)

双日、医療スタートアップのテツユウに出資(05/28)

国分、卸売事業会社TCGCに7割出資(05/28)

リバネス、言語解析AIベンチャーに出資(05/28)

韓国ITセキュリティー大手、医療市場参入(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン