「コリビング」住宅の需要堅調 コロナ後も在宅勤務で市場拡大へ

シンガポールで新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃が強まる中、「コリビング」と呼ばれる形態の賃貸住宅の需要が堅調だ。長期契約の顧客が多いことに加え、新型コロナの影響で同国に足止めされた外国人が一時滞在場所として利用していることが背景にある。業界関係者…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙も終わり一段落つ…(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

隣国往来再開に日系は関心薄 現時点では利点見えず(07/16)

東南アジアのM&A、1~6月は13%減(07/16)

東南ア企業の8割、2年以内に事業売却検討(07/16)

総合リゾートRWS、コロナ禍で人員削減(07/16)

ハノイの新オフィスビル、第3四半期に開業(07/16)

ASUS、下期はスマート医療の提携先拡大(07/16)

6月の民間住宅販売、前月比2倍超に回復(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン