デジタル課税法案を審議、税収291億ペソ増

フィリピン議会で、大手IT企業を対象としたデジタル課税を導入する法案の審議が始まった。新法が成立した場合、年間約291億ペソ(約618億円)の税収増が見込まれる。20日付地元各紙が伝えた。 法案はオンライン広告サービスやデジタルコンテンツの配信サービス、電子商取引(E…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに6686人感染(06/11)

経済活動、一段の緩和も 首都圏と周辺州、政府検討(06/11)

新型コロナ、新たに7485人感染(06/11)

政策金利2.0%を維持、5会合連続(06/11)

マカティ市、従業員ら向け接種会場開設(06/11)

ワクチン調達、1千万回分超え(06/11)

米、比への渡航警戒レベル引き下げ(06/11)

3月のFDI純流入2.4倍、中銀(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン