政府の看板政策にコロナ打撃 インフラ支出、予算9%下方修正

世界各国の経済活動に影響を及ぼしている新型コロナウイルスが、フィリピン政府の看板政策である大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」にも打撃を与えている。同国政府は2020年度予算のインフラ支出額を3月時点の計画に比べ9.4%減の7,251億ペソ(約1兆5,400億円)に…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:某米系動画配信サービス…(07/16)

コロナで電子決済2.4倍 現金払い社会、急速に変化(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

コロナ感染新たに1392人、累計5万8850人(07/16)

比、閣僚3人目コロナ感染(07/16)

コロナ軽症・無症状者、隔離基準を厳格化(07/16)

夜間外出禁止繰り下げへ、貿産省が要請(07/16)

経済区庁、225億ペソの投資承認(07/16)

鉄鋼にセーフガード、フィリピンに除外要請(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン