外資のM&A増、地場は警戒 新型コロナで「買い時」の判断も

ベトナムで外資系企業による地場企業への買収や出資が、増加傾向にある。新型コロナウイルスの流行にもかかわらず、今年1~4月の案件数は、前年同期を上回った。地場企業の間では、企業価値が下がっていることで、ベトナムが外資系企業の「草刈り場」になることに対する警戒感が…

関連国・地域: 中国韓国タイベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

特別入国の68邦人の隔離終了 ビジネス渡航難航、先行き見えず(05/25)

運輸倉庫ビナトランコ、UPCoMに登録(05/25)

運送業者の道路維持費を減免、当局が提案(05/25)

タインホアの空港、30年に搭乗5百万人へ(05/25)

国際線の再開計画、6月10日までに首相提出(05/25)

倉庫などの需要が増加、ECの利用拡大で(05/25)

韓国建設企業、越の技術移転センターと覚書(05/25)

ノルウェーの塗装大手、ナムロン投資と提携(05/25)

ハノイ、バディン区の地下駐車場計画に追加(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン