• 印刷する

立法会、内務委員長に李氏を再任

香港立法会(議会)は18日、内務委員会を開き、7カ月以上空席が続く同委員会の委員長に前会期(2018/19年度)の委員長を務めた李慧ケイ(スターリー・リー、ケイ=おうへんに京)氏を再任することを賛成多数で可決した。李氏は立法会で多数派を占める親中派政党、民主建港協進聯盟(民建聯)の主席も務めている。官営メディアのRTHKなどが伝えた。

同日の内務委員会は梁君彦(アンドリュー・リョン)議長が委員長の選出を目的に「議事規則」の規定に基づく職権で開催。臨時の委員長役には、保険業界選出で政党に所属していない陳健波・財務委員長を指名する異例の展開となった。

陳氏は開会時間の午前11時より前に、警備員に囲まれて委員長席に着席。反発する民主派から「権力乱用だ」と怒号が飛ぶ中、同50分ごろ採決を行うと宣言。李氏が委員75人のうち40票を集め、新委員長への再任が決まった。陳氏は採決に先立ち、民主派議員14人に退場を命じた。議事のさなかには、民主派議員が委員長席に押し掛けて抗議し、それを制止しようとする親中派議員らともみ合う場面もあった。

内務委は立法会への法案提出や本会議の審議日程などを決める重要な委員会。だが、中国国歌への侮辱行為を禁じる国歌条例案などに反発する民主派議員が、7カ月近くにわたり委員長の選出に抵抗し、正副委員長が決まらない状況が続いていた。今月8日には親中派議員が内務委の会議開催を強行。大勢の議員がもみ合いになり、けが人が出る乱闘騒ぎに発展した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

香港政府、民間企業に在宅勤務呼び掛け(00:04)

テイクオフ:交差点の角に立つ自宅の…(07/14)

香港ブックフェア延期を決定 貿易発展局、コロナ市中感染増で(07/14)

13日の新規感染52人、域内41人=計1521人(07/14)

新型コロナ対策「持久戦覚悟」、財政長官(07/14)

マカオ、シャトルバスの入境に陰性証明要求(07/14)

国安法で「脱香港」検討が3割強、米商議所(07/14)

立法会選の民主派予備選、市民61万人が投票(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン