反発、石油大手がけん引=香港株式

18日の香港株式市場は5営業日ぶりに反発して取引を終了した。原油価格の上昇を受け中国本土の石油メジャーの株価が好調だったほか、本土大手銘柄のハンセン指数入りへの期待感から小幅に上昇した。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

1カ月で感染者2581人増 コロナ第3波、地場経済に痛み(08/07)

新規感染者95人、域内91人=累計は3849人(08/07)

外国人家政婦の感染、一斉検査促す(08/07)

公務員の在宅勤務、8月16日まで延長(08/07)

香港日清、1~6月は3割増益見通し(08/07)

HKTVモール、7月取引額は今年最高に(08/07)

小売市場の回復、早くて半年後=米コンサル(08/07)

反落、米の中国通信企業排除で=香港株式(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン