• 印刷する

テイクオフ:直感が働き、ショッピン…

直感が働き、ショッピングモールに行くことを踏みとどまった。条件付きではあるが、マニラ首都圏の商業施設でスーパーマーケットに加えて他の店舗の営業が認められた。解禁日は16日と週末が重なったこともあり、国民性から地元住民が殺到すると察知した。

予想は的中。社会的距離が保たれていないモールもあったようで、当局は外出・移動制限措置の違反が確認されれば商業施設を閉鎖するとすごんだ。首都圏はまだ基本的に自宅待機が命じられている。商業施設の一部営業再開を容認したことには矛盾があり、人出が増えることは想定できそうだが。

そもそも、モールに行くことを思案したのは、インターネットの通信販売で商品価格がつり上げられていたからだった。外出して新型コロナウイルスに感染したなんて話になれば笑えない。多少高くても、もうしばらくネット通販でやり過ごすことにしよう。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自業自得と言うべきか。…(07/09)

「射殺」警告もコロナに苦戦 大統領、感染対策と経済で苦悩(07/09)

政府、コロナでも看板インフラ事業維持(07/09)

救援機で帰国のミャンマー人、6800人超に(07/09)

トヨタ現法、モビリティ部門設置(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

コロナ感染新たに2539人、累計5万359人(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン