• 印刷する

首都空港の運航本数を制限、乗客殺到で

AP2はスカルノ・ハッタ空港の混雑を防止するため、搭乗客の書類確認場所を4段階に分けて設置した(同社提供)

AP2はスカルノ・ハッタ空港の混雑を防止するため、搭乗客の書類確認場所を4段階に分けて設置した(同社提供)

インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)2は15日、首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港のターミナル2で、国内線の運航本数を1時間に5~7便に制限すると明らかにした。新型コロナウイルス感染防止策として搭乗前の検査を強化する中、ターミナル内の混雑を防止することが狙い。ターミナルでの乗客の動線も整備し直した。

スカルノ・ハッタ空港の国内線ターミナルでは14日早朝、必要書類の確認場所に搭乗客が殺到し、1時間ほど大混雑が発生した。

AP2のムハンマド社長は、乗客がチェックインまでに必要書類を確認したり記入するための場所を手続きごとに4段階に分けて設置し、乗客の分散を図ると説明した。

さらに航空会社とは、運航本数の制限に加え、乗客数を機内定員の50%以下に制限することについても合意を得たと明らかにした。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末の朝、ジャカルタ中…(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

コロナ無症状者受け入れ進む 公的施設、10日間で利用率9割に(09/22)

新型コロナ対応、政府が研修医の派遣拡大へ(09/22)

外国人の滞在許可取得、10月5日に再延長(09/22)

21年最賃、算出指標に4品目追加へ(09/22)

陸運会社のコロナ損失、月間15.9兆ルピア(09/22)

グラブとゴジェック合併、当局の判断に注目(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン