• 印刷する

テイクオフ:「何っ!よりによってあ…

「何っ!よりによってあのボッシーニが身売りだって???」。先週金曜日の午前に流れてきたニュースには、さすがに腰を抜かさんばかりに驚いた。香港の代表的アパレルブランドの一つボッシーニが、中国本土企業の傘下に入るというのだから。

考えてみれば無理もない。ただでさえ昨年後半の香港社会の混乱などで打撃を受け、赤字が大きく膨らんでいたところに、新型コロナウイルス感染症の流行というさらに予期せぬ「暴風」が情け容赦なく襲いかかったのだから。虎の子を手放さざるを得なくなったオーナーは、さぞかし無念だったのではないか。

コロナに苦しめられている有力アパレルブランドは少なくない。日本でもレナウンが民事再生法の適用申請を余儀なくされた。香港の他の有力アパレルブランドにも、ボッシーニに続くところが出るだろうか。目が離せない。(和)


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 医療・医薬品繊維社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者3人、累計4996人(17:12)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

6~8月の失業率6.1%、前期から横ばい(09/18)

新たに感染者9人を確認、累計は4993人(09/18)

検体採取容器の配布、18日から9カ所追加(09/18)

アントの香港IPO、来週にも上場審査(09/18)

続落、米指数先物の下落受け=香港株式(09/18)

7月の民間住宅着工数、増加も1千戸届かず(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン