一部商業施設、営業再開 客足まばら、感染拡大に警戒も

フィリピンのマニラ首都圏で16日、一部商業施設が約2カ月ぶりに通常営業を再開した。政府が外出・移動制限措置を一部緩和したことで、スーパーマーケット以外の店舗も条件付きで営業が再開可能となったことが背景にある。ただ半数以上の店が閉まったままで、通常の客足にはほど遠…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:主戦場はリアルからイン…(07/14)

マニラ首都圏で再び感染拡大 外出制限、一段の緩和見送りへ(07/14)

コロナ感染新たに836人、累計5万7006人(07/14)

6月の新車販売51.2%減、コロナ打撃(07/14)

MRT3号線の運行再開、乗客はまばら(07/14)

アンカスの2人乗り用シールド、政府承認(07/14)

トヨタ、地場社の社員送迎を効率化(07/14)

ユニクロ、16日にオンラインストア開設(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン