• 印刷する

証取、取引時間短縮を継続

フィリピン証券取引所(PSE)は15日、取引所の営業時間の短縮を継続すると発表した。マニラ首都圏などでの外出・移動制限措置が16日から一部緩和されたが、新型コロナウイルスの感染リスクを踏まえ、時短営業を続ける。

取引時間は午前9時30分から午後1時までとなる。人と人の接触を避けるため、証取の取引フロアは閉鎖し、遠隔による売買を継続する。

PSEは3月、ルソン島全域で外出・移動制限措置が実施されたことを受け、3月17日、18日の両日に取引を停止した。19日から取引時間を短くして営業を再開している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2124人、累計5万6259人(11:22)

テイクオフ:戸棚を開いて、困った。…(07/13)

国内初のREIT上場承認 証券委がアヤラに、151億ペソ規模(07/13)

ダブルドラゴン、REIT物件選定(07/13)

コロナ感染新たに1387人、累計5万4222人(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

民放最大手の免許申請否決、下院委(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン