• 印刷する

【アジアで会う】千葉大輔さん 韓国富士ゼロックス・マーケティングチーム長 第300回 コロナで変わる働き方、自らも成長を(韓国)

ちば・だいすけ 1980年生まれ。東京都出身。明治大学法学部を卒業後、富士ゼロックスに入社。システムエンジニアとして10年間勤務した後、同社シンガポール法人で7年間同国に駐在。19年4月に同社韓国法人の韓国富士ゼロックスに異動。マーケティング部でソリューションやサービスなどの領域を担当する。

「富士ゼロックスの企業哲学は、顧客に『より良いコミュニケーション環境を提供すること』です。業務上の文書環境の課題解決をサポートすることが大事なんです」。

そのように語る千葉さんが、富士ゼロックスという企業を深く知ることになったのは、同社の広報誌「グラフィケーション」がきっかけだった。

科学・文化・自然の3つのテーマを取り扱った雑誌で、ビジネス以外の部分で科学や文化の発展へ貢献しようという同社の取り組みが紹介されていた。

単にプリンターなどの機械を扱うお堅い企業という印象が崩れ、自分がチャレンジできるのはここだと感じた瞬間だったかもしれない。「2年前に廃刊になってしまったが、純粋に面白い会社だと思い、魅力を感じたことが入社を決める大きなきっかけとなった」と、当時を振り返る。

■全ては初心に立ち返る

入社後はシステムエンジニアとして活躍した。その道を選んだのは「ただ製品を売るのではなく、さまざまな物を組み合わせて顧客に最適なものを提供できるため」だった。

技術者として過ごしていた千葉さんはいつからか、「海外で働いてみたい」という夢がわいてくる。新たな転機となるシンガポール駐在の辞令が出たのは入社から10年が過ぎた2012年のこと。シンガポールにはアジア太平洋地域の本社があり、次のステップとしてグローバルな環境でチャレンジできることになった。

シンガポールではアジア・太平洋地域の各国で働く営業社員の生産性向上に向けて、プロセス改革の企画や仕組みづくりなどに奔走する日々だった。

■予想外の韓国行き

それまでの社会人生活は自らの希望とイコールだったが、次の辞令はまさに寝耳に水だった。19年4月、同社の韓国法人・韓国富士ゼロックスへの異動が決まる。「そろそろ異動かなと思っていましたが、韓国になるとは正直思っていなくて。てっきり日本に戻るのかと……」と千葉さん。

それでも、何事にも面白みを優先する好奇心が発動し始める。「販売担当として韓国に来ることになったので、ありがたいと思いました。販売会社では営業の声を通じて、顧客の生の声や市場ニーズをじかに感じることができるので」と語る。将来の販売戦略を描いて実行するのは大変なことだが、そこにやりがいを感じているという。

韓国は富士ゼロックスにとって、オーストラリアや中国に次ぐ大きな市場。特に、他のアジアの国々に比べて「変化の速度が速い」という特徴もある。働く場ではペーパーレスなどスマートワーク化も進んでおり、新しい環境への関心も高い。シンガポールとは異なる文化の違いを吸収する日々だ。

その一方で、「韓国は単一民族ということもあるのか、トップダウンが強いという印象を受けました。シンガポールは多文化で欧米人も多くおり、まず自分が理解してから行動に移しますが、韓国は自分の意見があっても上の意見を尊重するようです」と千葉さんは考える。そういった違いやニーズに対応するためにも、顧客や営業担当の社員とのコミュニケーションを欠かさない。

■コロナ禍を自らの成長の糧に

韓国着任から1年が過ぎようとする中、新型コロナウイルスの感染拡大という難局に直面した。韓国でも在宅勤務やテレワーク(遠隔業務)が増え、企業の働き方にも変化が生まれている。

「富士ゼロックスは働く環境の情報伝達方法についての改善を支援している。新型コロナの影響で、今後はモバイルワークや業務の効率化がより求められるでしょう。それを支援できるソリューションやサービスを提供しながら、顧客とともに成長していきたい」。その言葉には強い意気込みが感じられた。

千葉さんは仕事の上で常に心掛けていることがある。それは駐在員という性格上、必ず数年で帰任することになるため、限られた時間で何ができるのかを絶えず考えて業務に取り組むということ。

韓国という国での新型コロナの経験は、必ず今後の財産になるだろう。その中で、「何かのプロセスを作ったり人を教育したり、会社の基盤になるようなコトを残したい」。千葉さんの心の中には、いつも入社当時と変わらぬチャレンジ精神が息づいているようだ。(韓国編集部=清水岳志)


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、63人増の1万2967人(07/04)

韓国車の世界販売台数、6月は19.0%減(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

新型コロナの感染者54人増、光州市で急増(07/03)

サムスンSDSで感染者、蚕室社屋を閉鎖(07/03)

6月消費者物価、1カ月でマイナス脱却(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

21年の最低賃金、労働者側16.4%引上げ要求(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン