• 印刷する

農業省、農水産物のECサイトを開設

フィリピン農業省は5日、農水産物の電子商取引(EC)プラットフォーム「eカディワ」<ekadiwa.da.gov.ph>を開設したと発表した。eカディワでは、消費者と生産者および農業企業とがオンラインで商品を直接売買できる。

現時点で農業・食品事業を手掛けるアグリナーチャー(ANI)など地場企業3社が登録している。消費者は新鮮で安全な農産物や水産品を手ごろな価格で購入できるという。決済方法は代金引換か銀行振込。クレジットカード決済のための準備も進めている。

農業省は出品する生産者や企業を順次増やしたい考えで、個人生産者らが無料でeカディワに登録できるようにしている。現在のサービス対象地域はマニラ首都圏のみで、将来的に全国の主要都市に広げる方針だ。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスと聞…(08/11)

21年度のインフラ予算削減 かすむ看板政策、コロナが足かせ(08/11)

コロナ感染新たに6958人、計13万6638人(08/11)

1~6月の投資認可額27%減、経済区庁(08/11)

比の民主主義「危機」、著名記者が強権化に懸念(08/11)

景気刺激策、1800億ペソ規模に抑制=財務相(08/11)

50億ペソを追加拠出、出稼ぎ労働者支援に(08/11)

20年GDP、9.1%減に下方修正=フィッチ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン