• 印刷する

テイクオフ:ゴールデンウイーク真っ…

ゴールデンウイーク真っ只中の日本では、新型コロナウイルスの影響で登山の自粛が呼び掛けられているらしい。東京の奥多摩町では林道に設置した鎖の鍵が何者かによって壊され、バリケードが撤去されていたという。日本のこういったニュースを見る度、しばらく帰国していない分どこか遠い国の出来事のように感じる。

台湾で迎えた労働節(メーデー)の連休中、久しぶりに陽明山に出掛けた。すると、最近気温が上がっているせいか、新規感染者ゼロの日が続いたせいか、場所によって意外と人出は多かった。芝生にシートを敷いてフルーツやお弁当を食べている人、寝ている人、犬の散歩をしている人、真剣に登山をしている人とさまざまだった。

だが、こういった風景を一見して安心してしまうのがコロナの落とし穴となるのかもしれない。今後も気を緩ませず対策を維持していこう。(晶)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(08/07)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン