• 印刷する

豪消費者支出、コロナ前から20%減

オーストラリアでは、新型コロナウイルス感染症の拡大を背景に経済全体の支出が最低水準に落ち込む中、消費者は購入する商品をディスカウント・ブランドなどに切り替えることで、支出を大幅に引き締めている。4月20日~26日の1人当たりの支出総額は、新型コロナの拡大前の水準を約20%下回り、新型コロナ危機が3月頭に始まって以来最も低い数値となった。シドニー・モーニング・ヘラルド(SMH)などが伝えた。

コンサルティング会社アルファベータが開発した、リアルタイムの支出追跡システムによると、娯楽、カフェ、パーソナルケアなどを含む裁量的支出は4月20日~26日に、新型コロナ発生前の通常時から3分の1近く減少したという。また連邦政府による低所得者層向けの一時給付金750豪ドル(約5万1,000円)の効果も薄れているようだ。

アルファベータのディレクター、チャールトン氏は「景気刺激策の効果が薄れ、消費者によるさらなる支出の引き締めに経済がさらされている」と警告した。

米系調査会社イリオンのブライ最高経営責任者(CEO)によると、消費者はこの2週間で節約志向が強まったという。「人々は、ディスカウント・ブランドを活用したり、可能な限り現金を残せるよう奮闘している」と述べた。また「連邦政府は、給与補助金の『ジョブキーパー』が景気を維持するために必要な信頼を消費者に与えることを期待しながら、今後の消費者の動向を注視するだろう」とした。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤途中に白を基調とし…(05/14)

豪州、ワクチン接種に約13億円の資金支援(05/14)

豪与野党、予算案にらみ攻防 労働党は起業支援の対案発表(05/14)

<予算案>法人税の軽減、税収負担は労働者に(05/14)

<予算案>小売業界は歓迎も巨額負債に警戒(05/14)

<予算案>時代遅れの生命保険を一掃へ(05/14)

<予算案>退職年金の規制緩和、業界歓迎(05/14)

<予算案>医療保険料の抑制と精神病支援拡大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン